意外と知らない日本の着物歴史:着物の昔と今そして未来

  • LINEで送る
着物歴史の写真

日本の世界に誇る「衣」の文化「kimono」は,もはや世界の共通語となっています。着物体験は外国人観光客が日本で体験したいことの上位に必ずランクインし、着物に魅了される外国人がどんどん増えている現実とは裏腹に、日本人にとって着物は遠い存在となっています。なぜこうなったのか。日本人にとって着物は何なのか。意外と知らざる日本における着物歴史をお話します。

普段着としての着物が当たり前だった江戸時代

江戸時代は、300年長く続いた鎖国の厳しい時代ですが、町人文化が栄えた華やかな時代でもあり、現在の着物とほとんど変らない着物スタイルが完成した時代でもありました。
当然洋服がなく、人々が皆着物を着ていました。家事のときも、畑仕事のときも着るわけだから、人々が本当に自由に、まるでTシャツにジーンズの様な感覚で着物をゆるっと着ていました。まさに「着物=着るもの」でした。

遠い存在になってしまった着物

戦後、日本に洋服の文化が入ってくると同時に着物は段々と着られなくなってきました。いつのまにか、着物は七五三、卒業式、成人式、結婚式等人生のビッグイベントのときしか着らなくなり、フォーマルウェアとしてのイメージが定着しました。
もちろん、普段着としての着物も存在しています。主にお茶、華道等の習い事や稽古のときに着ることが多いです。こういった伝統文化を習う人が非常に少ないため、人々にとって着物は格式の高い遠い存在になってしまいました。

結婚式用着物

着物はなぜこうも面倒になったのか

着物が着られなくなった理由は単純です。一言で言ってしまうと、やっぱり着物ってめんどくさい。着物を着るにはいっぱい馴染みのない小物を使うし、着る手順が複雑で、自装のハードルが高いです。着崩れしないためには帯をギュギュっと締めて苦しいし、動きにくいです。しきたりを守らないと煩いおばあちゃんに言われます。
なぜ着物はこうも規則に縛られるものになってしまったのだろう。江戸時代の図と比べると分かるように、昔は本当にゆるっと自由に着ていたし、着崩れなんて当たり前でした。
それは、昔は各家庭で着物の着方を教える環境が自然にあったが、現代になると洋服が入ってきた結果、着物を着る人がいなくなり、教える人がいなくなり、このままでは着物が無くなってしまうと考えた呉服産業の先人がなんとか着物を残す為に、着物はこうなんだよと規則を作り、着物のフォーマル化を進めてきました。着物文化が完全に消滅してしまわない様に守る事に徹底した結果、不変の着物の着方のルールが出来てしまったのです。

ファッションとして回帰する着物

2020年東京オリンピックが決まり、日本が世界から注目される中、世界に誇る日本の伝統文化である着物は文化を超え、民族を超え、世界のファッションとして注目されます。2016年、世界四大ファッションショーの一つであるニューヨーク・コレクションに史上初めて着物の展示が行われました。着物はハイファッションとして再定義され、着物のファッションブランドが増え始めています。

ファッションに敏感な若者が着物に興味を持ち、ファッションとして日常的に着物を着るようになりました。
自分の着物のコーデや着物日常の写真をSNSに投稿したり、着物仲間と一緒にいろんなイベントに行ったりして、限られた一部の人の中ではありますが、着物はようなくフォーマルウェアではなく、普段着として認識され始めました。SNSの発達により、SNSの投稿で人気を集めた者は着物ファッション発信のインフレンサーとなり、それに共感した若者が着物ブームに加わて行きます。インフレンサーの中では着物に魅了された日本在住の外国人も少なくないです。彼らは日本だけでなく世界中に着物ファッションを発信します。

ファッションとして回帰した着物はしきたりの束縛から解放されつつあります。日常ファッションとしての着物はファッションブランドで購入する場合もあれば、着物リサイクルショップや骨董市で安くゲットする場合もあります。着物の着方も自由です。着物の中に長襦袢の代わりにシャツ、スカートを着たり、草履の代わりにブーツやパンプスを履いたり、さらに帽子やアクセサリーを合わせた和洋ミックススタイルが人気のようです。
終わりに
時代と共に人の生活に添って変化するのが文化であり、着物も人々の生活と共に時代の流れに添って進化しなければ時代に置いて行かれてしまいます。嬉しいことにそういった進化は起こりつつあります。着物が時代と共に進化し、日本の伝統文化でありながら、いつか伝統を超え、国境を越え、人々の日常ファッションの選択肢の一つとなることを、心から願っています。

SNSでもご購読できます。