着物と洋服をミックスして着る超おしゃれアレンジ術

  • LINEで送る

着物を洋服と合わせて着る?!最近若者の間で流行り始めた和洋ミックススタイルとは?

原宿の街中で、大胆に振袖とデニムサロペットを合わせて着て楽しむ若者。

この記事では着物を日常ファッションとして楽みたいおしゃれさんに着物を洋服とミックスして着るコツを解説します。

和洋ミックススタイルとは?

和洋ミックススタイルは文字通りで、着物と洋服を合わせて着ることです。
合わせの程度には色々ありますが。軽い程度ですと、襦袢と着物は通常通りに着て、靴は草履の代わりに、ブーツやパンプスを履くというスタイルです。

もちろん、伝統的な着方でも、足袋をカラフルにしたり、派手めのアクセサリーをつけたりして、モーダンな要素を少し入れるだけで、おしゃれ感が一気にあがります。

今回筆者が特に紹介したい和洋ミックススタイルは基本洋服の上から着物を着るスタイルです。

和洋ミックススタイルを着こなす前のマインドセット

周りの目線を気にしない

そもそも和洋ミックススタイルはありかということですが、着物の原点を立ち返って考えてみてください。

着物も昔洋服と同様、日常的に着るもの=ファッションです。自分が好きなように着ていいはずです。ただ、着物業界は着物を洋服の浸食から守るために、フォーマル場合に着物を着てもらおうと、色んなルールを設けてきました。「自分では上手く着付けできないから」「他人から言われたりするんじゃないかな」と着物を楽しむ勇気がなくなってしまいました。

何より大事なのは「周りの目線を気にしないこと」です!自分が好きなものを着る、他人がどう思うかはどうでもいいというマインドセットです。

抜け感を出してみる

洋服の上から着物を着るから、襦袢と比べて、やっぱり着崩れやすい、しわが出やすいです。
でも着崩れもおしゃれの一部と考えます。着物がおしゃれかどうかの一つのキーワードに「抜け感」というのがあります。
びっしりとした着物にはそれがないから、美しいと感じるかもしれないですけど、ファッション性が欠けます。
着崩れもしわも丸ごと受け入れて、楽しみしょう!

昔の人たちは着物をゆったりと羽織っていました。

和洋ミックススタイルのインナー

極端な話、どんな洋服でも、インナーになり得ます。ただ、リサイクル着物には洗えないものが多いので、首あたりもカバーできる洋服がおすすめです。
一番使いやすいのはシャツです。どんな着物でも合わせやすく、万能です。

春夏の時は、T-shirtに棉の着物(浴衣)もよいです。

秋冬の時は、ハイネックのニットがよく使います。

他にも自分が出したいスタイルを考えて、パーカーやスカート等色々と試してみればよいでしょう。

和洋ミックススタイルの着方

基本的な和洋ミックススタイルの着方はいつも通りの着方がベースになっています。本当は着方というものがないです。着物を一枚の布と考えて、色々アレンジして行くので、着方は無限にあります。

ここでは和洋ミックススタイル初心者向けに、コツをまとめてみました。他にも着方自体を少しアレンジする方法がありますが、これに関してはまた別の記事で紹介したいと思います。

襟元を少し広く、ゆるくする

通常の着方ですと、襟の交差点が首のくぼみのところに来ていると思いますが、和洋ミックススタイルの場合、敢えて中の洋服が見えるように襟元を少し広く、ゆるくします。そうすると、先ほど言っていた「抜け感」というのが出てきます。
中に洋服が着ているので、着崩れとは感じないです。

着物の丈を短めにする

和洋ミックススタイルでは、多くの場合草履ではなく、普通の靴をそのまま履くので、草履の場合より、丈を短めしたりします。カラフルな靴下やストーキングでより一層おしゃれ感が出ます。

おしゃれなアクセサリーでアクセントをつける

和洋ミックススタイルですので、やっぱり色んなおしゃれなアクセサリーが欠かせないです。
正統派の着物スタイルでも、洋の要素のあるアクセサリーを付けるだけで、おしゃれ感が一気に出ます。

 

小物を洋のもので代用する

筆者が良くするのは帯締めをベルトで代用するという方法です。
帯自体を使わないというのもあります。代用として、太目のベルトやスカーフが使いやすいです。

着物をファッションとして楽しもう

この記事で紹介したのはあくまでも和洋ミックススタイルをする上での発想です。直線で仕立てられた服だからこそ、洋服よりアレンジの自由度がはるかに高いです。これは着物の面白さでもあります。人と違う服が着たいという方はぜひ着物をファッションアイテムとして取り入れてみてはいかが?

SNSでもご購読できます。