日本人若者が着物離れの理由とは?着物に纏わる3大嘘って?!

  • LINEで送る

最近街中で普段着着物をあくまでもファッションとして楽しんでいる若者が増えているようですが、着物と言えば、「値段が高い」「着付けがめんどくさい」「敷が高い」と思っている若者はまだまだ多いです。
この記事では、筆者が2年間普段着着物ライフを過ごしてきた体験談を交えながら、これから着物を日常的に着てみたいけど、一歩踏み出せていない人向けに、悩み解消できたらと思います。

多くの日本人若者が着物に対して持っている3大固定観念・悩み

・値段が高い。どこから安い着物が入手できるか分からない。

・着付けがめんどくさい。自分では絶対着れないと思っている。

・着て行く場所がない。初心者の私がなんか周りからいろいろ言われそう。

悩みその①値段が高い。どこから安い着物が入手できるか分からない。

もちろん新品の着物は基本値段が高いです。ただ、安いリサイクル着物も結構流通しています。筆者は今30着くらいの着物を持っていますが、平均で2000円くらいだと思います。帯も安いものは500円、高くても4000円、平均2000円くらいです。
このくらいの値段だったら、一着買って羽織ってみても損はないかなと思います。

普段着着物として着る着物は古着着物、リサイクル着物の方が断然お得ですし、柄や色も芸術性が高いものが多く、おしゃれだと思います。

リサイクル着物はどこで買えるの?

普段着着物初心者は実際着物の素材に触れて、羽織ってみて、自分のサイズに合っているかどうかを確かめてから買った方がいいと思うので、リサイクル着物屋さんと骨董市がおすすめです。

少し慣れてきたら、リサイクル着物ネットショップやヤフーオク、メルカリも活用して行くのが良いでしょう。

おすすめの東京にあるリサイクル着物やさんやネットでのリサイクル着物の買い方についてまた別の記事で詳しく書きたいと思います。

リサイクルネットショットでバーゲンの時に買った2,500円の銘仙の着物です。レトロポップな柄で、お気に入りです。

普段着着物の種類

普段着着物として良く着る着物の種類はこちらです。

・小紋

・紬

・ウールの着物

・棉の着物

詳しくはぜひこちらの記事を読んでみてください。
>>普段着着物初心者に超わかりやすく着物と帯の種類を解説

悩みその②着付けがめんどくさい。自分では絶対着れないと思っている

これはまさに着物業界がかけた呪縛です。洋服から着物産業を守ろうと、着物のフォーマル化を進めてきました。その結果、着物産業は生き延びたけど、若者はフォーマルのシーン以外、着物を着なくなったのです。多くの人は成人式、結婚式等フォーマルの場合しか着物を着たことがないので、煩雑な着付け手順、多すぎる小物に「着付けは自分一人では絶対無理」だと思い込んでしまいます。

しかし、普段着着物の着付けのイメージは「浴衣+襦袢」(襦袢とは着物のインナーです)という感覚です。

筆者は着物着付け教室に通ったことが一切なくて、youtubeの動画を観ながら着付けの練習していました。手先も不器用の方だと思っています。それでも、今は毎週、普段着着物を着ています。

筆者は着物を洋服と合わせて着るのが特に好きなので、インナーを普通のシャーツ等の洋服で代用する着方でしたら、着物着付け=浴衣着付けという認識で大丈夫です。
着物をファッションとして着ることに興味がある方は、ぜひこちらの記事を読んでみてください。

>>着物と洋服をミックスして着る超おしゃれアレンジ術

着付けに必要な小物

着物着付けの小物を検索してみると、いっぱい出てくるんですが。普段着着物初心者が必要なのは

・腰ひも2本

・伊達締1本

だけです!
襦袢も着るのなら、腰ひも3本です。

補正については、もちろん体型によって、した方が良い場合もありますが、基本する必要がありません。

悩みその③着て行く場所がない。初心者の私がなんか周りからいろいろ言われそう

着物を着ると、自然と普段自分が行かないところにも出かけたくなるようになります。お祭り、絵展、フェス、おしゃれなカフェ屋さん、友達のパーティー…

スポーツや極端に着物が汚れそうな環境じゃなければ、あくまでも洋服感覚で楽しんでみれば良いと思います。

でも、「やっぱり目立ちそうで、いろいろ言われそう」

世の中では「着物警察」と呼ばれる人たちがいると聞いていますが、筆者は少なくても一度も会ったことがないです。今時の子ってこんな風に着物を着てるんだね、おしゃれだわ」とおばあちゃんたちからよく褒められます。基本、少し年配の方からしてみれば、若者が着物を着ているだけで、喜びます。

なので、自分が気にしているほど他人が気にしていないと思います。最近、カジュアルに、自由に着物を着ている若者も増えてきていますし。

まとめ

多くの日本人若者が着物に対して持っている3大固定観念・悩み

・値段が高い。どこから安い着物が入手できるか分からない。

実は世の中では、安いリサイクル着物が結構流通していて、平均普通の洋服より安く入手できます。

・着付けがめんどくさい。自分では絶対着れないと思っている。

浴衣が着れれば、着物もほぼ着れてしまいます。

・着て行く場所がない。初心者の私がなんか周りからいろいろ言われそう。

スポーツや極端に着物が汚れそうな環境じゃなければ、あくまでも洋服感覚で楽しめます。

着物に対する固定観念を外して、自由に、自分らしく日常ファッションとして楽しんでみませんか?

SNSでもご購読できます。