普段着着物初心者に超わかりやすく着物と帯の種類を解説

  • LINEで送る
アンティーク着物コーデ

着物初心者に多い悩み:種類多すぎて、調べても専門用語がいっぱい出てくるから、読んでも、イメージできない…

この記事では、着物初心者でもわかるように、筆者の実体験を交えながら、着物、帯の種について、細かいところを省いて、必要最低限押さえるべきポイントを解説します。

格から着物を分類

格の高い順から

留袖

一番ランクの高い着物。黒留と色留に分類されます。黒留は既婚女性の第一礼装。素材は基本絹です。

一番フォーマルの黒留でも、アレンジ次第、こんな風にもなれます。ちょっとしたパーティーに黒留にチャレンジしてみてもよいかもしれません。

振袖

未婚女性の第一礼装。成人式や卒業式に着るのがこの振袖です。素材は基本絹です。

訪問着・付け下げ

絵羽と呼ばれる模様付けの着物。模様が縫い目で切れず、一枚の絵のように仕上がります。素材は基本絹です。

色無地

無地の着物で、一色で染められた着物。模様がないので、逆にドレス風にアレンジして着るのもあり。素材は基本絹です。

小紋

着物全体に同じ模様が、上下なく繰り返し描かれた柄付けを施された着物。素材は基本絹です。ちょっと地味ですが、逆に個性的な帯に合わせやすいので、個人的に好きです。

紬(つむぎ)

絹織物の一種です。紬はパリッとしていて軽く、とても着やすいです。がっちりと着つけるよりもざっくりとラフに着たほうがしゃれに見えます。普段着着物として一番親しまれているのがこの紬です。

 

素材から着物を分類

絹の着物

フォーマルの着物からカジュアルの着物まで、リサイクル着物に一番多い素材です。吸湿と放湿、保温性など非常に優れた素材といえるでしょう。家で洗えないのが欠点です。

木綿着物

肌触りが柔らかく、吸湿性に富んでいるのが特徴です。家庭で洗濯しても大丈夫です。カジュアルの着物に使われる素材です。

ウール

羊の毛から作られているだけあって暖かくて、秋冬に良く着ます。家庭で洗濯しても大丈夫です。カジュアルの着物に多い素材です。

ポリエステル

家で洗濯できるのはもちろんのこと、手入れも楽です。欠点は、吸湿性が少ないので、夏に着るのはおすすめしないです。フォーマルの着物を含めて、現代もの着物の中で、ポリのものがあります。

セオα

最近出て来た新素材です。肌触りよく、通気性にも優れたポリエステルですので、普通のポリエステルと違って、汗をかく夏場にもぴったりです。ただ、セオαの浴衣一着の値段が2,3万位と高いです。

単衣(ひとえ)と袷(あわせ)

着物には「単衣(ひとえ)」と「袷(あわせ)」というのがあります。
単衣(ひとえ):一枚だけの 着物です。春秋向きです。
袷(あわせ):生地を二枚縫い合わせた裏地のある着物。秋冬向きです。リサイクル着物に多いのがこの「袷」です。

浴衣も着物の一種

浴衣とは木綿生地で、単衣に仕立てた着物です。

写真の白黒の着物は浴衣ですが、こんな風にアレンジしてあげると、花火大会や夏まつりだけではなく、春夏のお出かけにも使うおしゃれ服に変身できます。
浴衣のアレンジ方について、また詳しく他の記事で書きます。

筆者は30着くらいの着物を持っていますが、一番多いのが紬(つむぎ)、後はウール、棉の着物、ポリの着物も少し持っています。フォーマルとかカジュアルとか、あまり気にする必要がなくて、アレンジ次第で、フォーマルの着物もカジュアルの着物になりえるし、基本好みで選べばいいと思います。

帯の種類

格の高い順から

袋帯

フォーマルシーンで着用する帯。長さが約4m20cm以上あります。

名古屋帯

フォーマルシーンからカジュアルシーンまで、一番多く使われる帯です。

半幅帯

帯の幅が、袋帯や名古屋帯の半分です。浴衣をはじめ、カジュアルシーンであれば小紋や紬に合わせて楽しむことができます。

兵児帯

芯の入っていない布状の帯です。ふわふわに仕上げられるので、カジュアルに楽しめます。

筆者が持っている帯は名古屋帯と半幅帯半々です。袋帯は基本買わないです。リサイクルの中で、名古屋帯の方が全然多いですが。結び方の難易度から、着物初心者には半幅帯から入った方がおすすめです。

まとめ 着物普段着初心者におすすめの着物種類

普段着着物を指しているのは基本「小紋」「紬」「ウールの着物」「棉の着物」です。リサイクル着物の中では、「絹の着物」「紬」と「ウールの着物」が多いです。やっぱりリサイクル着物の中では、洗えないものの方が圧倒的に多いので、洗えないから敬遠しなくてもよいかと思います。着物の手入れに関してまた他の記事で書きます。

最後に、実際着物屋さんに行って、着物を触ってみるのが良いです。

SNSでもご購読できます。